元セクシー女優鈴木涼美が大学在学中に佐藤るり名義で出演していたAV動画の味わいが倍増

高画質ダウンロードはこちらから

沙織(松野)は潔癖症で人見知りを直したいと思っている普通の女。たまたま入ったバーで畑中教授(速水)が開発したエムフォーブでメンタル面の強化ができると紹介され、沙織は畑中教授と会うことになる。内気な沙織は新型エムフォーブの真の恐怖を知ることに…。

 

プロフィール

鈴木 涼美
生誕 1983年7月13日
現年齢36歳(2019年時)
日本東京都

プロフィール

別名 佐藤るり
生年月日 1984年6月2日
現年齢 35歳(2019年時)
出身地 東京都
血液型 O型
公称サイズ(2006年時)
身長 / 157 cm /
スリーサイズ 90cm – 60cm – 85 cm
ブラのサイズ H65

 

経歴

  • 1999年から2001年までは「ブルセラ少女」として高校生活を過ごす。清泉小学校、清泉女学院中学校、明治学院高等学校を経て、慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、東京大学大学院学際情報学府の修士課程を修了した。
  • アダルトビデオのスカウトとの交際をきっかけに4年から5年ほど佐藤るりとしてアダルトビデオ業界に関わり、のちにAV出演の過去を明らかにする。鈴木涼美の“AV歴の告白”によって、慶応大学時代と東京大学大学院時代にAVに出演していた、という事実が判明した。
  • 2009年から日本経済新聞社に勤めるが2014年に自主退職。
  • 2013年に修士論文を元にした著書「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのかが刊行される
  • 2014年に『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』が幻冬舎より刊行される。
  • 慶應卒、東大大学院卒、元AV女優、元日経新聞記者、元都議会担当記者、社会学者など多数の肩書でメディア出演する。

 

1999年から2001年までは「ブルセラ少女」として高校生活を過ごす。

 

アダルトビデオのスカウトとの交際をきっかけに佐藤るりとしてアダルトビデオ業界へ

略歴

  • 2004年、VIP専属女優としてAVデビュー。
  • 2005年8月、MOODYZよりとしてセルデビュー。
  • 2014年10月2日発売の「週刊文春」が、佐藤るりは日経新聞の女性記者であった鈴木涼美であると報じた。

 

2004年、VIP専属女優としてAVデビュー。

高画質ダウンロードはこちらから

週刊プ○イボーイを始め、数々のグラビアでその迫力BODYを曝け出したウワサの“佐藤るり”ちゃんが衝撃のAVデビュー!自慢のGカップ巨乳を引っ提げ、パイズリ、素人男優ペロヌき御奉仕など、デビュー作とは思えないほどのボンバーFUCKを披露!!このカラダをたっぷり御堪能あれ!!

 

2005年8月、MOODYZよりとしてセルデビュー。

高画質ダウンロードはこちらから

ぷるる~ん!ゆさゆさ!ぷりっぷりのおっぱいがアナタを優しく包み込んでくれる!トリプルGカップ美少女達のおっぱいをじ~っくり揉んで、吸って、鑑賞して、挟まれて、思う存分甘えちゃってください!豪華2枚組みで時には妻となり保母さんとなり、時にはパイズリ、騎乗位と、癒し系おっぱいプレイを網羅!

 

2014年に『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』が幻冬舎より刊行される。

著書

 

 

鈴木涼美さんから受験生へ(2015年1月17日掲載)

 

鈴木涼美 AVについて語る

 

鈴木涼美の過去のおっぱい

 

鈴木涼美の最近のおっぱい